スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

    スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) [記事の編集]

    鉄板パターンを構築する事と確実にエントリーできる事の重要性 

    鉄板パターンを構築する事と確実にエントリーできる事の重要性。

    鉄板パターンを構築したら、毎回同じ局面を同じパターンで「確実に」エントリーできることが大事だと思います。

    なぜポジポジ病がダメかというと、要するに鉄板パターンまで昇華されてない勝率の低い手法を乱発するから。

    だから鉄板パターンを増やすことが重要です。
    僕の師匠は一見凄くポジっていてもそれはポジポジ病ではない。僕には数カ所しかない鉄板パターンが複数あるわけです。

    逆に鉄板パターンを見逃してもダメあくまで鉄板パターンを確実にエントリーすること。それにはチャートを見続けて練習する事が必要なのです。

    場帖をつけて反省、検証することが重要

    時間軸や手法が同じでもエントリーやエグジット、勝率が違うのがこういうことです。
    場帖をつけて反省、検証することを繰り返すうちに、「何か」を掴むことができるはず。

    例えるなら自転車に乗れるようになる感覚に近いと思います。
    前はできなかったことが、どうやってできるようになったのかは説明できなくても、ただなんとなくできるようになる感じかな…
    にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

    スポンサーサイト

    天井ロングや底ショートを未然に防ぐにはどうするべきか? 

    天井ロングや底ショートを未然に防ぐにはどうするべきか?

    トレンドラインや移動平均線、ボリンジャーバンドの角度などでどちらかの方向性を判断した後

    押し目や戻り目のタイミングのみ仕掛ける事です。

    慣れないうちは往復を狙わない。



    押し目や戻り目狙いは非常に有利な状態でリスクが少なく、
    ブレイクすれば相当な値幅が取れます。

    例え、ブレイクがダマシでも薄利、もしくは同値撤退が可能になります。
    そのままブレイクしたら手動でトレールしていきます。
    にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

    塩漬けの危険性 

    ポジションを持った瞬間に逆行して損切りになった後、反転した。
    方向性はあっていたから損切りせずに放置していたらプラスになったのに…

    逆にトレールしてたら戻ってきてストップにかかり微益。
    その後ポジった方向に再度、伸びていく…

    ということが私にはよくあります(^_^;)


    しかし、それはあくまで結果論であって戻ってくる保障はありません。
    だから方向性があってても、ルールで損切りしなければいけなかった場合は、素直に損切りするべきです。

    逆行したので、
    スキャルのポジションだけど、
    ストップ広げてデイトレのポジションにする。


    負ける人がよくやってしまいがちな事です。

    大体、塩漬けポジションはレンジの天井か底の時が多く
    プラスに転換することは少なく塩漬けしている間はトレードする枚数も少なくなり機会損失にも繋がります。


    重要なのは方向性とタイミングです。

    方向性があってても、入るタイミングを間違うと一時的に逆行します。
    しかし、それは当たり前の事と考えるべきで躊躇せずに損切りします。

    サポートされると思ってロングしたけど下抜け
    レジスタンスで、跳ね返ると考えて、逆張りショートしたけど上抜け
    の場合はトレンドが変わったと考えて下さい。

    サポートは抜ければ、レジスタンスになり
    レジスタンスは抜ければ、サポートになります。

    つまりここで切らずに塩漬けしても、プラスに転換するのは難しく
    良くてもプラスマイナスゼロあたりまでと考えられます。

    なのでここでは躊躇せず必ず損切りしてください。


    では、

    天井ロングや底ショートを未然に防ぐにはどうするべきか?
    これを次回書いて行きたいと思います。


    にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

    理想のトレードスタイル 

    理想はツナギトレード。

    長期の順バリ、短期の逆バリ。

    例えば日足レベルで上げトレンドだったら、とりあえずロングして
    あとは戻りをショートスキャルでとる。
    これを日足レベルでトレンド変わるまで繰り返します。
    なので一時的に両建てになることもあります。
    無題

    にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

    ATR(Average True Range) 

    最近良く使うインジケーターのご紹介。

    ATR(Average True Range) です。

    アベレージ・トゥルー・レンジといって、直訳すると「本当の値幅の平均」です。(単位は0.01=1銭)
    つまり一定期間の値動きの平均値になります。

    このATRの値が大きければ大きいほどその日のボラティリティ大きく、逆に小さければ小さいほど相場がもみ合いにあるといえます。

    例えば、日足でデフォルトのパラメーターを14なら14期間を利用して、一日の値動きの平均値が算出されます。

    このATRの数値が0.5とかだったら、一日の値幅は50pips程度になるという感じです。

    ATRは値幅がわかるので、リミットやストップに使ったり、トレンドがでているかの判断ができます。
    ストップに使う時はATRの3倍をストップの位置にしたりします。

    ちなみに僕は、スキャルなのでATRのやや外側にストップを置きます。ボラが大きいようならそれ以内に置いたりもします。なのでATRの数値のみ表示するものを使っています。

    他にもトレンドの判断にも使えます。
    15分のATRが0.15以上でトレンドが発生していると判断したり、ATRのラインが上昇してるときはそのトレンドが継続してると判断したりします。

    また急な上げや下げが本物のトレンドなのかを判別するのにも使えます。
    これが一時的なものかどうかを判断できます。

    MT4にデフォルトで入ってます。

    計算方法は、

    当日の高値から安値の値幅(当日高値-当日安値で算出)

    昨日の終値から当日の高値の値幅(昨日終値-当日高値で算出)

    昨日の終値かの当日の安値の値幅(昨日終値-当日安値で算出)

    上記の3つの値幅のうち最も高いものを当日のATR値とし、

    この数値の○日移動平均を表したものです(デフォルトの設定だと14日)

    例えば、日足でデフォルトのパラメーターを14なら
    14期間を利用して、一日の値動きの平均値が算出されます。
    にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。