スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

    スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) [記事の編集]

    【黒字?】 貿易収支統計とは 【赤字?】 

    重要度★★★★☆
    発表時期 
    毎月20日前後 前月分を発表
    発表時間 夏時間(4月~10月) 日本時間21:30(現地時間8:30) 
           冬時間(11月~3月) 日本時間22:30(現地時間9:30) 

    市場が最も重要視している指標の一つ。

    貿易収支統計とは
    貿易による収支、つまり輸出金額と輸入金額の差額のことで、モノ輸出額から輸入額を差し引き、輸出額が輸入額を上回るときは貿易黒字、その反対のときは貿易赤字となります。

    一般的に、貿易収支統計の結果が黒字なら買い要因、赤字なら売り要因となる傾向があります。
    また、赤字が拡大すると為替関連政策の変更もされます。
    貿易収支のうち、一般に報道されるのは国際収支ベースの財とサービスの季節調整値です。

    先進国は「経常収支黒字」という形が多いのですが、輸入大国の米国において、貿易赤字は財政赤字と共に「双子の赤字」と言われ、ドル安局面ではその赤字額が話題になります。(現在は赤字額の縮小で重要度は徐々に低下しています。)

    計上基準がアメリカと他国では異なりますが、指標に関してあまり深く考える必要はありません。アメリカの場合、輸出に関して競争力がある資本財に着目した方がよいでしょう。ドル 安によって輸出が伸びると思われがちですが、実際には為替レートの変化より相手国の景気に依存する方が大きいです。

    ちなみにイギリスは商品貿易収支、カナダは国際商品貿易と言われます。
    関連記事

    にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。