スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

    スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) [記事の編集]

    天井ロングや底ショートを未然に防ぐにはどうするべきか? 

    天井ロングや底ショートを未然に防ぐにはどうするべきか?

    トレンドラインや移動平均線、ボリンジャーバンドの角度などでどちらかの方向性を判断した後

    押し目や戻り目のタイミングのみ仕掛ける事です。

    慣れないうちは往復を狙わない。



    押し目や戻り目狙いは非常に有利な状態でリスクが少なく、
    ブレイクすれば相当な値幅が取れます。

    例え、ブレイクがダマシでも薄利、もしくは同値撤退が可能になります。
    そのままブレイクしたら手動でトレールしていきます。
    関連記事

    にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。