スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

    スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) [記事の編集]

    消費者信頼感指数 【消費者の雇用や家計のアンケート】 

    今後の景気のどうなるのかを見極めるには、消費者の動向を探る事が重要です。
    そこで消費者に対し雇用や家計の現状や、先行きの見通しをアンケートで調査をしてそれを指数化したものが使われています。これが消費者信頼感指数です。

    米国ではミシガン大学消費者信頼感指数とコンファレンス・ボード(全米産業審議委員会)が調査するコンファレンス・ボード消費者信頼感指数の2つが広く用いられてます。

    ミシガン大学消費者信頼感指数
    発表時期 毎月第二、もしくは第三金曜日 
    調査対象 500人

    ミシガン大学消費者信頼感指数とは、消費者に対しアンケート調査による現状判断と先行き期待を指数化したものです。アンケートの内訳は先行き期待値が約60%、現状判断が約40%の割合で構成されています。

    この調査は家計を重視したものであることから、景気が低迷している時には、景気動向を判断する上で注目されます。1966年の指数を100として、500人を対象とした電話によるアンケート調査を行います。
    速報は300人を対象、確報は500人を対象とし、調査の対象者は約500人とコンファレンス・ボードの消費者信頼感指数に比べて調査対象数が少なく、そのため数値が大きく振れることの多い指標となっています。
    ミシガン大学消費者信頼感指数コンファレンス・ボードの消費者信頼感指数に先行して発表されるので、現在の消費者マインドを知る手掛かりとして重要視されています。
    また月毎の振幅が大きいので発表後にドルの値動きが大きく変動することもあります。

    コンファレンス・ボード消費者信頼感指数
    発表時期 毎月25日から月末
    調査対象 5.000人

    ミシガン大の調査と同様に、消費者に対するアンケート調査をもとに、現状と半年後の先行きや雇用状況、所得に対するアンケート結果から消費者マインド(楽観的か悲観的か)を
    表したものです。1985年を100とした指数で算出されています。
    内訳は経済・雇用の2項目からなる現在の状況と、経済・雇用・所得の3項目からなる半年後の予想を季節調整し指数化し、この5項目の平均値で発表されます。算出されます。

    調査対象が約5.000人とミシガン大の調査よりも多いので、より現在の実態にあった指標であるといわれています。

    フランスではINSEE(国立統計経済学研究所)が約2.000世帯を対象に電話調査が行われます。家計の財政状態・生活水準・購買意欲・雇用・価格見通しなどを調査し、季節調整しています。

    関連リンク
    米国消費者信頼感指数の基本的な見方

    関連記事

    にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。