スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

    スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) [記事の編集]

    建設支出 

    建設支出とは、米国内における建設支出について、住宅建設、商業施設建設、公共施設建設の区分ごと集計したものです。米国の建設支出は、GDPの約20%を構成するため、景気動向全体との相関が高いと言われています。
    *建設支出の占める割合、住宅建設が3%、商業施設建設が5%、公共施設建設が11%

    建設支出の基本的な見方
    民間商業施設への支出増加は、企業の設備投資実績に先行する傾向があると言われています。
    ただ、統計の対象期間から発表までのタイムラグが大きいため、他の統計から予測が簡単です。また、大型受注などの影響で大きく振れることが多く、大きな改訂が行われることが多い点には注意が必要です。

    また、これらの住宅関連の指標は、他の消費財への波及効果も大きく、それが経済全体へ大きな影響を与えます。なぜなら、中身が空の家など存在しないからです。家が建てば、家具、電化製品が必要です。また、車庫があれば車やバイクなども買われます。これらの理由から消費財の需要増加に繋がり、景気を押し上げるのです。
    関連記事

    にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。