スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

    スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) [記事の編集]

    設備稼働率とは 

    重要度★★☆☆☆
    発表時期 翌月中旬

    設備稼働率とは
    設備稼働率とは、今ある設備の生産能力に対して、どれだけのものが実際に生産されたかどうかを表す比率で、製造業の景況感を判断する指標です。

    設備稼働率の基本的な見方
    設備稼働率が83%を越すと、今ある設備に対して投資をしようとする動きが強くなります。
    設備投資やインフレの先行指数になるといわれており、また景気が回復の初期の段階で稼働率が上がれば、物価安定要因となり、景気が良くなると言われています。
    しかし、景気が落ち着いてきて設備稼働率が上昇しすぎると材料が足らなくなり物価が上昇する可能性が出てきます。
    関連記事

    にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。