スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

    スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) [記事の編集]

    鉱工業生産指数とは 

    重要度★★★☆☆
    発表時期 翌月14~17日(月次動向)

    鉱工業生産指数とは
    鉱工業生産指数とは、米国における鉱業または製造業に属する鉱工業企業の生産動向を指数化したもので、米国経済のファンダメンタルズ分析をする上で重要な経済指標です。
    米国鉱工業生産指数は、2002年を100として比較した指数で示され、前月比で何ポイント増減したかが注目されます。

    米国GDPに占める鉱工業部門の割合は20%程度であるものの、景気循環は製造業部門から始まることが多いため、鉱工業生産指数は市場参加者から注目されます。

    鉱工業生産指数の基本的な見方
    発表元がFRBであるため、金融政策の材料として利用されることもよくあります。
    また鉱工業生産指数は、GDPとの相関性が強く、GDPが四半期ごとの発表なのに対して鉱工業生産指数は毎月発表されるので、GDPの先行指標として注目されています。
    基本的に、数字に市場が素直に反応するケースが多いので、鉱工業生産指数が前月比で増加するとドル買い、減少するとドル売りとなります。

    このように、米国鉱工業生産指数は、速報性が高く、景況感を予想するのに重要な指標ですが、自動車等の耐久財の占める割合が大きいこともあり、GPDと比較して振幅が激しいことに注意しましょう。
    また、設備稼働率にも注目しましょう。

    関連リンク
    設備稼働率とはから
    関連記事

    にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。