スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

    スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) [記事の編集]

    新規失業保険申請件数とは 

    重要度★★☆☆☆
    発表時期 翌週木曜日

    新規失業保険申請件数とは
    米国新規失業保険申請件数とは、米国内における失業者が初めて失業保険給付を申請した件数を集計した経済指標です。
    毎週発表されるという速報性が注目されるとともに、新規に失業保険を申請する人が増えるということは、失業者が増えているということなので、雇用統計の先行指標や失業率の予測にも参考とされています。

    米国新規失業保険申請件数の基本的な見方
    米国新規失業保険申請件数の見方としては、申請件数が40万人を超えるかが雇用情勢の分岐点とされており、40万人を超えると雇用状況がかなり悪いと判断されます。

    雇用統計が月1回の発表に対し、新規失業保険申請件数は毎週発表されます。
    基本的に、3~4週間分の新規失業保険申請件数のトレンドから、翌月発表の雇用統計の事前予想をします。

    毎週発表という頻度の高さから、そのため景気のピークボトムに対して、2~3ヶ月の先行性があり、景気の先行指数としても注目されます。また、祝祭日や天候の影響を受けやすいという特徴があります。

    関連リンク
    雇用統計とは
    関連記事

    にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。