スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

    スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) [記事の編集]

    中古住宅販売件数とは 

    重要度★★★
    発表時期 
    翌月25日

    中古住宅販売件数とは
    中古住宅販売件数とは、当月に所有権の移転が完了した中古住宅の販売件数のことであり、新築住宅販売件数同様に、米国の景気動向に対して先行性が高い経済指標と言われています。

    特に、米国は、ライフステージに合わせて中古住宅を住み替えていくというライフスタイルが定着しているため、日本と比べて中古住宅市場が成熟しています。そのため、新築住宅販売と同様に中古住宅販売件数が景気動向の先行指標として注目されています

    中古住宅販売件数の基本的な見方
    これら住宅需要は景況と密接な関連性を持つため、自動車販売高と並んで景気の先行指標として注目されます。また、新築住宅販売件数に比べて10倍程度の市場規模があります。

    なお、新築住宅販売件数が契約書への署名ベースであるのに対し、中古住宅販売件数は所有権移転完了ベースで集計するので、新築住宅販売件数に比べて30~60日の遅効性があります。

    また、中古住宅販売件数は、事前予想が難しい指標で、所得状況住宅ローンの金利動向に大きな影響を受けます。特に、金利上昇期には、ローン金利上昇を危惧した駆け込み需要が増加し、金利の低下している最中には、ローン金利の底を待った買い控えが起こるので、事前予想よりも結果が大きく振れる事があるので注意が必要です。このことから、予想外の数値となって市場や金融政策にも大きな影響を及ぼすことが多いです。

    他には、季節や天候等の影響を受けるため、前年同月比でどれだけ数値が上昇・下落したかをチェックするとよいでしょう。

    これらの住宅関連の指標は、他の消費財への波及効果も大きく、それが経済全体へ大きな影響を与えます。なぜなら、中身が空の家など存在しないからで す。家が建てば、家具、電化製品が必要です。また、車庫があれば車やバイクなども買われます。これらの理由から消費財の需要増加に繋がり、景気を押し上げ るのです。

    関連リンク
    新築住宅販売件数とは
    関連記事

    にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。