スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

    スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) [記事の編集]

    機械受注とは(機械受注統計とは) 【日本】 

    重要度★★★☆☆
    発表時期 翌々月の10日前後
    発表時間 8:50 ※平成18年11月分より公表時間が 午前8時50分に変更
    発表機関 内閣府

    機械受注統計とは
    機械受注統計とは機械製造業者280社による生産設備用機械がどのくらい受注があったかを集計したものです。実績は毎月発表されており、見通しは3ヶ月ごとに4半期統計(3ヶ月に1回)発表になります。

    一般的に、設備用機械類の受注状況から、企業の設備投資の動向を予想するので、機械受注はだいたい6ヶ月から9ヶ月ほど設備投資に先行していると言われています。また、景気拡大に伴い企業の設備投資も増えていくと言われているので、景況を予想するための指標とも言えます。

    機械受注統計の基本的な見方
    機械受注は、特に船舶・電力を除く民需(船舶、電力向けは一件の金額が大きく、個別の事情に影響されやすい)が注目されています。
    また、機械受注には前月比・前年比とあり両数値が発表されます。基本的に両方を見ますが、前期比を重要視している人の方が多いようです。また、データが大きく振れることが多く単月では判断しにくいので、月々の数字のブレを4半期数値で見ることが多いようです。

    経済指標に共通して言えること
    単純に発表数値がプラスなら上昇、マイナスなら下落となるのでしょうか?
    経済指標の数値には事前予想というものがあり、発表時に予想通りかどうかが重要です。
    経済指標は実際の発表日よりも前に、だいたい市場には織り込み済みであることが多いです。
    そのため、予想より大幅に離れている場合は市場に大きな影響を与える事が多くなります。
    [機械受注] ブログ村キーワード
    関連記事

    にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。