スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

    スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) [記事の編集]

    EMAのクロストレード 

    5分足の5EMAと10EMAクロストレード

    使用インジケーター

    平均足
    ・5EMA
    ・10EMA

    方向性のチェック

    1時間と15分足の平均足が陽線か陰線のどちらにあるのかをチェックし同方向を狙う。
    陽線ならば買いで入る準備、陰線ならば売り目線。

    次に5EMAと10EMAのゴールデンクロスとデッドクロスを確認。
    平均足の陽線と5EMAが10EMAを下から上に抜けたとき(ゴールデンクロス)に買い。

    平均足の陰線と5EMAが10EMAを上から下に抜けたとき(デッドクロス)に売り。

    以上が完成した時点でエントリー。
    そのエントリーは1分足の同方向で確認。

    見送る場合

    レンジの場合は、二つのEMAが離れることなくほぼ同じ位置でもみ合うので、そういった場合は、ポジションを持たないようにします。

    平均足の陰線赤色・陽線青色が続く限りホールドするだけですが
    OCOは必須です。

    利食い

    平均足が逆になったら決済。
    平均足に長い上ヒゲか下ヒゲが出た時点で決済。
    安全に行くなら5pips~10pipsで利確。

    再エントリー
    10EMAの上に5EMAが乗ってる状態ならば、平均足がその方向性の陰線・陽線になったときに再度
    一分足で確認してエントリーします。

    損切り
    平均足が10EMAを下抜いたら即損切り。
    にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

    ダイバージェンスを使ったトレード 

    ダイバージェンスを利用して、相場の転換を見極めることができれば、天井や底で入りやすいです。
    これでエントリータイミングを厳選すれば、それだけで勝率の高いトレードができます。

    相場の転換の見極めに使うので利食いのタイミングをはかるのにも使えます。

    基本的にダイバージェンスも短い足より長足で最低でも15分からが良いと思います。

    4時間足と1時間足はデイトレなどに。
    1時間足と15分足はスキャルなどに。

    自分のトレードスタイルで選んでください。

    具体的には
    まず最初にトレンドを確認。

    次にダイバージェンスが発生した後にどのようなエントリーのタイミングを取るか?

    利食いや損切りをどのようにするか?

    ダイバージェンスは、ストップを浅めにしてエントリーすることができるのも強みです。


    MT4を使用している方にダイバージェンスが分かりやすいインジケーターがあります。

    RSIダイバージェンス
    にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

    EMAのクロストレード 

    移動平均線(MA)のインジケーター、MA ribbon filled.mq4をご紹介します。

    これは2つのMAを結んでヒストグラム(リボン)にしたインジケーターです。
    MAがクロスするとカラーが変化します。
    視覚的にわかりやすくEMAの幅やクロスでトレードします。

    一目の雲っぽい感じですね。


    パラメーター設定

    ・MAPeriod : MA期間
    ・MAMethod : 0=SMA、1=EMA、2=SMMA、3=LWMA 
    ・Price : 0=Close、1=Open、2=High、3=Low、4=Median、5=Typical、6=Weighted

    次は具体的な使い方を紹介しますね(^_^)v222222.jpg

    にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

    FXで連敗した時にどうするべきか? 

    負けている人と、自分のやり方がまだ定まっていない人が
    とるべき行動は、相場を一時撤退するのが正しいです。
    デモでリハビリするなどの検証を重ねます。



    もし、それでもトレードするのであれば

    取引する枚数を減らします。

    そして

    2連敗もしく3連敗はしたら、その日はトレードをしない。

    というルールを作ります。
    一日中トレードできる環境の人なら次の時間帯まで休むとかでもいいです。

    これは「投資苑」の中で負けるトレーダーへの対策として書かれています。

    ほとんどの人が連敗すると
    損失を取り戻そうと、枚数を増やして退場します。

    これは、一番ダメです。

    損失を取り戻そうという精神状態でトレードして
    絶対に勝てません。
    運よく勝てたとしてもその場しのぎです。

    負けたを取り戻さないといけない
    だから次のトレードは勝たないといけないというのは、完全な自己都合であり相場に通用しません。
    その時だけ相場が自分の思惑通りに動くわけがないです。

    例えば野球で打撃不振で三振を連発しているのにホームランを狙いますか?
    ピッチャーが手加減してくれますか?

    トレードにおいて起死回生のホームランを狙うことは、自暴自棄の行動である

    トレードは感情が入った時点で負けです。

    機械のように淡々と

    いかに自分自身を機械のように動かすか。


    ただ例外としてある程度の勝率がある手法が固まっている場合、
    連敗した後でも一貫性があるので、枚数を減らさなくて構いません。
    トレードの優位性によりさらに連敗する確率は低いからです。


    しかし、連敗により一貫性のない暴走トレードをしているのであれば、
    次のトレードで勝つ確率が高くなる事は、決してありえません。
    要するに単発のトレードを繰り返しているのでトレードの優位性がないのです。


    連敗するという事は
    その手法が今の相場状況と合わない可能性が高いのです。
    だから時間帯を変えたり、その日はトレードを止めたり、傷を浅くするために枚数を減らすのです。


    これは相当重要です。私も何度もやられました…ヽ(´Д`;)ノ

    にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

    FXDD改悪 

    FXDDから『Important Information Regarding your FXDD Account』

    という件名の英語のメールが来ているんですが


    ライブ口座に2点変更があって

    4月1日の時点において90日間全くトレードをしていない
    ライブ口座に対して15ドルの口座維持手数料がかかる。
    ちなみに残高が0の口座は大丈夫。

    口座維持手数料を避けるには

    ・トレードをしている口座に資金移動
    ・250ドルをご入金
    ・その口座で注文をする

    4月1日から毎月2回目以上の出金手続きに対して
    30ドルの出金手数料かかる

    との事らしいです。

    にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。